生徒さんの声「調弦について」

先日、パソコンのWikipediaで津軽三味線の稿を読んでいたら「はっ」と思ったことがありました。ごく小さいことなのですが、明人会では調弦において4本とか5本とか言いますよね、私は青森で津軽三味線を習い始めたのですが、その時は二尺一寸とか二尺という言い方をしていました。〇尺〇寸という言い方は尺八を基準としたものとは知っていましたが、〇本という言い方は何を基準にしているかわかりませんでした。

以下Wikipediaからの引用文です。

”絶対音(投稿者注:キー)は尺八または篠笛を基準とする。東日本においては、主に尺八の長さを示す「尺」と「寸」が用いられることが多い。「2尺」がほぼ絶対音C(投稿者注:ドレミのド)に該当し、以降半音上がるごとに1寸減じ、下がるごとに1寸増す。「1尺9寸」がC#、「2尺1寸」がB(投稿者注:ドレミのシ)にほぼ該当する。

一方、西日本においては主に、長唄囃子などで使われる篠笛の音程を表す「本」が使われる。4本がほぼ絶対音Cに該当し、以降半音上がるごとに1本増し、下がるごとに1本減ずる。「5本」がC#、「3本」がBにほぼ該当する。”

・・なるほど、4本とか5本というのは篠笛から来ているのかと、そして西日本では「本」を東日本(所沢は明らかに東日本で多少の誤差はあると思います)では「尺」を用いることが多いのだという新たな発見をして心が躍った次第です。(こんなこと知らなかったのかと言われると恥ずかしいですが)

Uta-you_Shinobue_and_Nohkan[1]写真;七孔・唄用篠笛(上)と能管(下)。唄用篠笛は上から三本調子(G、天地巻き)、四本調子(Ab)、五本調子(A)、六本調子(Bb)、七本調子(B、黒塗り)、八本調子(C、素竹)、九本調子(Db)、十本調子(D)。)(Wikipedia篠笛より)

それともう一つ、調弦に関して興味深い話を聞いたので紹介します。これは洋楽をやっている方から聞いたのですが、

”三味線や尺八などは唄い手に合わせて弦の張りや尺八の長さを変えれば「手」は同じ。すなわち音程(キー)の高い人が唄っても低い人が唄っても(調弦しさえすれば)指で押さえるツボは変わらない。しかし、洋楽ではそうはいかない。キーが異なれば移調(たとえばハ長調から(♯が3つもつく)イ長調へ移調)しなければならず、指で押さえる場所が変わってきてしまう。これが洋楽と和楽(邦楽?)の大きな違いだ”・・・と。

・・・なるほど、すべての和楽器に当てはまるかはわかりませんが、三味線については全くその通りです。いつも合同稽古や「おさらい会」で唄い手さんに合わせて「次は〇本」「次は△本」と調弦が大変だと思っていましたが、よくよく考えれば「手」が変わってしまうより調弦した方が遥かに楽であるということに気づきました。

また、調弦すればどんな音程の唄い手さんの伴奏もできるんだということ・・当たり前のようで実は素晴らしいことにも気づきました。

あらためて、和楽器の素晴らしさ、三味線の素晴らしさ、そして調弦の大切さを実感した次第です。

(HERO)

師匠のつぶやき(三味線の管理)

201305310954いよいよ梅雨の季節ですネ。三味線にとって嫌な季節になりました。三味線の管理をしっかりしましょう。三味線は湿気を嫌います。練習をしたら必ず棹を乾拭きして、しまいっ放しにしないで時々風をいれてあげましょう。保管中は必ず和紙袋に入れて保管しましょう。

 

 

師匠のつぶやき(その2)

「スタンドプレイ」って難しい。                                                                            「スタンドプレイ」と言っても自分勝手にプレイする「スタンドプレイ」ではなく、文字通り、立って津軽三味線を演奏することである。最初の頃は座って演奏する時とこんなに違うものかと感じた。ツボはずれるし、撥を叩くと胴は揺れるし。                                でも馴れると結構ノリノリで楽しいものだ。お試しあれ!                                    最近では和太鼓の若い連中とコラボなんかしてすっかりハマっている!